アジア株:上昇、週末のG20を好感-豪BHPや香港エスプリが高い

17日のアジア株式相場は上昇。 先週末の20カ国・地域(G20)財務省・中央銀行総裁会議で欧州 の債務危機封じ込めに向けた計画の一部が支持されたことを好感し た。

シドニー市場では、世界最大の鉱山会社BHPビリトンが

2.1%高、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が1.9%高 となった。香港では、欧州での収入が全体の8割以上を占める衣料 品小売りのエスプリ・ホールディングスが大幅高。ソニーは、スウ ェーデンのエリクソンとの携帯電話合弁の決算が市場予想より良か ったことから、買われた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後5時9分現在、前週 末比2%高の119.1。同指数構成銘柄の騰落比率は、上昇約5銘柄 に対して下落が1銘柄となっている。

豪ホワイト・ファンズ・マネジメントで資産運用を担当するア ンガス・グラスキー氏は「欧州の債務危機解決には、各国のビジョ ン共有と解決に向けたコミットメントが重要で、G20ではその2つ が見られた」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE