中国株(終了):上昇、欧州債務懸念が後退-生活必需品銘柄が高い

中国株式相場は上昇。欧州債務 問題をめぐる懸念が後退する中、先週上昇した流れを引き継いだ。中 国当局による金融引き締めでも影響を受けにくいとの観測から、生活 必需品メーカーが買われた。

中国最大の石炭会社、中国神華能源(601088 CH)は終値ベース としては今月の高値で終了。9月の販売増加を好感した。保険料収入 が32%増加した国内保険2位の中国平安保険(集団、601318 CH)は 3週間ぶりの高値に上昇。白酒メーカー最大手の貴州茅台酒(600519 CH)は3%高。UBSが生活必需品メーカーを買い推奨したことが手 掛かり。

重機メーカーの三一重工(600031 CH)や中国招商銀行(600036 CH)も高い。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏は「欧州債務懸念はある 程度和らぎつつある。中国のインフレ率は10月も低下が続く見通し だ」と指摘、「中国当局が物価上昇抑制から経済成長維持へ軸足を移 す中、金融政策は恐らく緩和方向へ向かうだろう」との見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前週末比9.03ポイント(0.4%)高の2440.40で 終了。前週の騰落率はプラス3.1%だった。上海、深圳両証取のA株 に連動するCSI300指数は前週末比0.5%高の2666.95。

--Allen Wan. Editor: Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Allen Wan in Shanghai at +86-21-6104-3041 or awan3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net