今日の国内市況:日経平均1カ月半ぶり高値・債券下落、ユーロ反落

東京株式相場は反発。欧州債務 問題解決への取り組みが前進するとの期待が広がったほか、堅調な米小 売り統計を受け、海外景気の先行き懸念が後退した。電機や輸送用機器 など輸出関連株が高く、原油など商品市況高を受け商社、鉱業など資源 関連株も上昇。不動産、証券株の上げも目立った。

TOPIXの終値は前週末比13.07ポイント(1.8%)高の

761.88、日経平均株価は同131円64銭(1.5%)高の8879円60銭 と9月2日以来、約1カ月半ぶりの高値。8900円台に乗せる場面もあ った。

一方、英国人前社長の突然の解任を受け、アナリストらから投資判 断の引き下げが相次いだオリンパスは大幅続落。この影響で精密機器株 は安く、相場全般の重しとなった。取引終盤には、政府が10月の月例 経済報告で経済情勢判断を半年ぶりに引き下げたことも、指数の伸び悩 みにつながった。

15日に閉幕したG20財務相・中央銀行総裁会議では、欧州が見直 したソブリン債危機への取り組みに対し、米国など各国が支持を表明し た。当局者らは23日開く欧州連合(EU)首脳会議での断固たる対応 を要求。4400億ユーロのEFSFの能力を最大限に引き上げ、債務危 機の波及を阻止するよう求めた。

またG20は、世界経済にとってシステム上重要で資本増強の必要 な銀行を最大50行指定する方向で検討している、と参加国の当局者2 人が明らかにした。金融安定化理事会(FSB)のドラギ議長によって 作成されるこれら銀行のリストは、11月3-4日の仏カンヌでのG20 首脳会議に間に合うよう、公表される見通しという。

米国では9月の小売売上高が前月比1.1%増と予想中央値(0.7% 増)を上回り、2月以来の大幅な伸びを示した。投資家のリスク回避姿 勢が後退する中、米国株オプション取引の指標で投資家の不安心理を示 すシカゴ・ボラティリティ・インデックス(VIX )は14日、

28.24と8月3日以来、2カ月半ぶりに30を割り込んだ。

円相場は対ユーロ、対ドルで前週末に比べ円安気味に推移。東証1 部33業種では電機や輸送用機器、機械など輸出関連株が上昇。原油な ど商品市況高を好感し、三菱商事など大手商社株、国際石油開発帝石な ど鉱業株も買われた。東証1部の売買高は概算で14億5314万株。米 国時間きょうから、米主要企業の決算発表が本格化することなどから売 買代金は8917億円と年初来最低を記録。値上がり銘柄数が1368、値 下がりは211だった。

債券下落-欧州懸念後退・株高

債券相場は下落。前週末の米国市場で経済指標改善と欧州債務懸念 の後退を受けて株高・債券安となった流れを引き継いだ。国内株価も反 発し、円債市場では売りが優勢。あすの入札も相場の重しとなり、新発 5年債利回りは約2カ月半ぶりの高水準をつけた。

東京先物市場で中心限月12月物は小幅ながら3営業日続落。前週 末比8銭安の142円11銭で始まり、一時は15銭安の142円04銭ま で下落。9月1日以来の安値をつけた。その後は1銭安の142円18銭 まで下げ幅を縮小。結局、2銭安の142円17銭で引けた。

前週末14日の米債券市場では、米株高や欧州の債務危機が解決に 向かうとの観測から安全逃避先としての国債需要は減退。米10年債利 回りは前日比7ベーシスポイント(bp)高い2.25%程度となった。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の318回債利回 りは前週末比0.5bp高い1.02%で始まった後、一時1bp高い

1.025%に上昇。3日以来の高水準をつけた。その後は若干上げ幅を縮 め、午後3時36分現在は0.5bp高い1.02%。

超長期債や中期債も売られた。20日に入札を控えている20年物 の130回債利回りは2bp高い1.745%まで上昇。30年物35回債利回 りは一時3bp高い1.96%まで上昇した。

ユーロ、1カ月ぶり高値から反落

東京外国為替市場では、ユーロがドルと円に対して約1カ月ぶりの 高値から反落した。G20声明を受け、危機回避に向けた包括的な対策 への期待先行でユーロ買いが進んだものの、今週末には対策をめぐる詰 めの協議が行われる欧州連合(EU)首脳会議(サミット)を控えて一 段の買いには慎重な姿勢が強まった。

ユーロ・円相場は一時1ユーロ=106円71銭まで下落した後、 107円台を回復。ただ、午後にかけてはじり安となった。午後3時58 分現在は107円04銭付近。前週末の海外市場では一時107円45銭と 9月9日以来のユーロ高値を付けていた。

前週末の海外市場で1ユーロ=1.3894ドルと9月16日以来のユ ーロ高値を付けたユーロ・ドル相場は、東京市場では午後に一時

1.3827ドルまで水準を切り下げた。

一方、ドル・円相場は1ドル=77円台前半を中心に推移。早朝に 76円94銭まで円が値を戻す場面もあったが、日中は77円台前半を維 持した。前週末の海外市場では、日本政府が新たな円高対策を発表する との一部報道を受けて円売りが優勢となり、一時77円45銭と2営業 日ぶりの水準までドル高・円安が進んでいた。