欧州の公社債の保証コスト低下、債務危機取り組みに期待-CDS取引

17日のクレジット・デフォ ルト・スワップ(CDS)市場では、欧州の社債とソブリン債を 保証するコストが低下した。欧州当局者が域内債務危機の解決策 を見いだすとの楽観が高まった。

JPモルガン・チェースによると、主に高リスク・高利回り の50銘柄のCDSスプレッドで構成するマークイットiTra xxクロスオーバー指数はロンドン時間午前9時半(日本時間午 後5時半)現在、30.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 低下の709bpと、9月2日以来の低水準。

西欧の国債15銘柄のCDSスプレッドから成るマークイッ トiTraxx・SovX西欧指数は8bp低下の328bpとな っている。

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会のレーン委員 (経済・通貨担当)は、域内の債務危機封じ込め策は「数日以内」 により明確になるだろうと述べた。20カ国・地域(G20)当局 者らは、IMFによる欧州への支援拡大の可能性も示唆している。

ニューエッジ・グループ(ロンドン)のストラテジスト、ビ ル・ブレーン氏は、「市場は欧州各国の指導者の公約を額面通り に受け取り、大規模で包括的な解決策が間もなく明らかになると 確信している」と述べ、「失望が待っているかどうかは議論の余 地のあるところだ」と付け加えた。