ドイツ銀行CEO、高債務国の救済拡大は法に反する恐れ-ビルト紙

【記者:Richard Weiss】

10月16日(ブルームバーグ):ドイツ銀行のアッカーマン最高 経営責任者(CEO)は、欧州の高債務国に対する金融支援の規模 拡大について、法律に反する恐れがあり、人々は容認しないだろう と語った。ドイツ紙ビルト日曜版が報じた。

同紙によれば、アッカーマンCEOは13日にベルリンで開かれ た会議で、救済資金の拡大について「投資家の観点から正しいとし ても、問題の解決にはならない」と発言。高債務国が段階的に債務 を減らしていくことが現在の危機の唯一の解決策だとした上で、そ のようなプロセスは将来の経済成長を減速させるとの見方を示した。