NY原油先物時間外:続伸-米景気回復と欧州債務危機対応を好感

ニューヨーク原油先物相場は17 日の時間外取引で続伸。米景気回復の兆しと欧州債務危機への対応を好 感した。

原油先物相場は一時、1.1%上昇した。先週は4.6%上昇した。20 カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議はパリで開かれた週末の 会合で、ギリシャの債務不履行回避、銀行の資本増強、危機拡大の抑制 の一部実施で合意した。米商務省が14日に発表した9月の小売売上高 は予想を上回る増加だった。

原油先物11月限は一時、91セント高の1バレル当たり87.71ド ルを付けた。シドニー時間午前9時21分(日本時間同7時21分)現 在、87.60ドルで推移している。前週末の通常取引は3.1%高の

86.80で引けた。終値では9月20日以来の高値。年初来では4.1%の 下落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE