ギリシャの支払い不能をユーロ圏の当局者は認める必要-BDB首脳

ドイツ銀行連盟(BDB)のシュミ ッツ会長は、ギリシャが支払い不能の状態にあることを最終的に認める ようユーロ圏の政策担当者らに求めた。また、保有する国債に対する資 本バッファーの確保を金融機関に義務付けるルールの設定も強く要求し た。ロイター通信が独誌ウィルトシャフツウォッヘに掲載されたインタ ビューの発言として伝えた。

同誌によれば、シュミッツ会長は「ギリシャは現在の債務を何世代 にわたっても返済することができない」と語った。さらに現在の銀行資 本規制「バーゼル2」が全てのユーロ圏ソブリン債のリスクをゼロとみ なし、これが銀行による国債購入に強いインセンティブを与えているこ とに関連し、バーゼル銀行監督委員会が合意した新たな銀行資本規制 「バーゼル3」の規定を変更する必要があるとの考えを示した。