G20財務相会議で人民元への懸念は脇に-欧州債務危機が中心議題

パリで開催された20カ国・地域 (G20)財務相・中央銀行総裁会議では、欧州債務危機が中心的な議 題となり、中国の人民元への懸念は脇に追いやられた。

G20声明は「市場で決定される為替レート」への支持を繰り返し、 為替相場に関する文言を強めることは見送った。

中国財政省の朱光耀次官は15日のインタビューで、G20の為替 に関する声明は「包括的でバランスが取れている」との認識を示し、 声明を歓迎した。

中国は人民元の一段の上昇を容認しないことで批判を受けていた が、現在の優先課題は欧州債務問題の解決だと主張していた。

G20声明は「為替レートの過度の変動や無秩序な動きは、経済及 び金融の安定に対して悪影響を与えることを再確認」し、9月23日の 会合の文言を繰り返した。

G20当局者は政府の方針を理由に匿名で、中国が今回の会合で、 人民元のより迅速な上昇を容認する用意があるとのシグナルは送らな かったと語った。

米財務省は14日、為替報告の発表をG20財務相・中央銀行総裁 会議や11月のG20首脳会合の後に延期すると発表していた。

ガイトナー財務長官は中国が人民元上昇を容認することが世界の 成長支援に役立つと述べ、対応を求めたが、中国との摩擦を引き起こ す恐れがある行動は避けている。

同長官は15日にパリで、「中国が為替相場のより迅速で広範な上 昇を容認することが世界経済の利益になる」と語った。

--Victoria Ruan with assistance from Toru Fujioka, Rainer Buergin and Cheyenne Hopkins in Paris. Editors:Matthew Brockett, Craig Stirling

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 麗 英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net editor:Masaru Aoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Victoria Ruan in Paris at vruan1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Craig Stirling at +44-20-7673-2841 or cstirling1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE