コンテンツにスキップする

IMF専務理事:世界経済、ここ数週間で見通しが悪化した

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は15日、世界経済の見通しはここ数週間で悪化したとの見解を 示した。

同専務理事はパリで記者団に対し、「この3週間で状況は改善より も悪化した可能性の方が高い」と語った。さらに、「新興市場では危機 が新興国や低所得国に波及するリスクが懸念されている」と続けた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE