「オキュパイ・トウキョウ」:所得格差、原発問題で霞が関周辺を行進

先月中旬に米ニューヨーク・ウォー ル街で始まった社会的是正を求めるデモは、雨曇りの東京・霞が関周辺 で15日正午過ぎ、「オキュパイ・トウキョウ(Occupy Tokyo)」という 垂れ幕が掲げられ行われた。

所得格差はあらゆる犯罪につながり、「我々に自尊心を失わせてい る」。この日のデモに参加した早崎仁さん(35)は、「格差に目を向け るのが日本人としての誇りを取り戻す意味でも重要なのではないか」と 語った。

デモの参加者は、事前の主催者側の予想を通り、小規模なものだっ たが、1番目の目的地である東京電力の本社前では、「原発反対」「福 島返せ」などといった原発問題を非難する声が通りに響いた。

埼玉県で英語教師をしているキップ・アンデルセンさん(45)はデ モ隊と歩きながら、「私がここに居るのは、特に日本では、人々が何が 起きているのかを気づいていないと思うからです」と言い、2008年の金 融危機「リーマンショック」以来世界で起きている異変を訴えていた。 「3年近くも経っているのに、現状は悪くなるばかりだ。人々は戦い返 さなければならない」

デモを主催した「オキュパイ・トウキョウ(Occupy Tokyo)」のウ ェブサイトによると、一同のこの日の計画は、正午過ぎに東京都千代田 区の日比谷公園へ集合し、原発事故を起こした東電の本社前、そして、 対応に追われる経済産業省の周辺を行進。

米国で「ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)」と呼び掛 けた抗議デモは、9月17日からの1カ月足らずのうちにニューヨークか らシアトルまで全米各都市に広がった。この動きには、世界的に有名な 投資会社バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット会長兼最 高経営責任者(CEO)の息子も擁護するなど、社会のあらゆる層に認 識が広がっている

「オキュパイ」をスローガンの頭に付けた同デモの動きは、東京以 外でも世界の主要都市各地で繰り広げられている。