ブラジル株(14日):週間ベースで2009年以来の大幅上昇

14日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が上昇。週間ベースでは過去2年余りで最大の上げとな った。欧州首脳らがソブリン債危機を収束するとの楽観的な見方から商品 相場が上昇し、ブラジルの大手企業の業績見通しが改善した。

中南米最大の製紙会社クラビンは、上場株の最大10%の自社株買い計 画発表が好感され、4カ月ぶりの高値を付けた。世界最大の鉄鉱石生産会 社ヴァーレは今週の上昇率がこの1年3カ月で最大となった。

ボベスパ指数は前日比0.8%高の55030.45で終了。週間では7.4%上昇 と、09年5月以来の大幅な上げとなった。同指数構成銘柄のうち値上がり は48銘柄、値下がりは17銘柄。通貨レアルは1.2%高の1ドル=1.7302レ アル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE