NY外為(14日):ユーロ上昇、G20開幕で欧州危機対策に期待

ニューヨーク外国為替市場で はユーロがドルに対して上昇。週間ベースでは1月以来の上げ幅とな った。欧州の債務問題の対応策を協議するため20カ国・地域(G20) 財務相・中央銀行総裁会議がこの日から開催され、危機が収束に向か うとの期待が広がった。

円は対ドルで下落。日本当局が円高抑制へ向けた措置を取るとの 観測が強まった。主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所 (ICE)のドル・インデックスは4週間ぶりの水準に下げた。この 日発表された米小売売上高が前月比で増加したことを受けて、株式相 場が上昇。資金逃避先としての安全資産の需要が後退した。ユーロは ドルに対して上昇した。ガイトナー米財務長官が、欧州は危機解決へ 向けて「明らかに前進している」と発言したことが好感された。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの為替ストラテジスト、マー ク・マコーミック氏(ニューヨーク在勤)は、「米経済指標の改善に 加え、少なくとも話し合いの上では欧州の当局者が正しい方向へ進ん でいるという進展が重なった」と指摘。「2週間前はメルトダウンが 市場に織り込まれていたが、今は高利回り通貨の多くがショートカバ ーで上げている」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時8分現在、ユーロは対ドルで前日比

0.8%上げて1ユーロ=1.3884ドル。週間では3.8%上げ、1月 14日終了週以来の大幅高となった。ユーロは7-9月(第3四半期) に7.7%下落し、2010年4-6月以来の下げ幅となった。円に対し てはこの日1.2%上げて1ユーロ=107円21銭。一時107円45銭 と、9月9日以来の高値を付けた。

円高対策

円は対ドルで0.5%安の1ドル=77円25銭。ダウ・ジョーン ズ通信は日本政府が早ければ来週にも新たな円高対策を発表すると報 じた。

ダウ・ジョーンズ通信によれば、日本当局が講じる措置には海外 での合併・買収(M&A)を促進するための資金供給増加が含まれる 可能性があるが、通貨取引に対する課税は含まれない。

この日のICEのドル・インデックスは一時0.7%低下して

76.508と、9月16日以来の低水準。世界の主要準備通貨であるド ルへの逃避需要が弱まったことが背景にある。

米商務省が14日発表した9月の小売売上高(速報値)は、前月 比1.1%増加と、2月以来の大幅な伸びを示した。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.7%増だっ た。前月は0.3%増に上方修正された。

「流れを変えた」

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)のシニア 為替ストラテジスト、マイケル・ウールフォーク氏は「この統計は流 れを変えた。非農業部門雇用者数も追い風だった」とし、「この2つ の統計は市場心理に相当な影響を与えている」と指摘した。

米労働省が先週発表した9月の非農業部門雇用者数は前月比10 万3000人増だった。失業率は9.1%で高止まり。

パリで開催されているG20財務相・中央銀行総裁会議では、国 際通貨基金(IMF)の融資能力拡大を含めた欧州の救済策が検討さ れている。G20とIMFの当局者が明らかにした。

欧州の首脳らは23日の域内サミットで最終案をまとめ、11月 3、4両日のG20首脳会議で提示する計画だ。ギリシャをデフォル ト(債務不履行)へと追い詰めつつある危機に対して、フランスとド イツ政府は「永続的な」解決策を示すと約束している。

ガイトナー米財務長官は14日、訪問先のパリで米経済専門局C NBCのインタビューに応じ、「欧州はより包括的かつ強力な政府支 援パッケージを協議している。さらに予防的措置として銀行の増資を 話し合っている」と述べ、「これこそ欧州がやるべきことだ。もちろ ん、困難はこれからだ」と続けた。