メルケル独首相:欧州債務危機のコスト、銀行は負担せねばならない

ドイツのメルケル首相は14日、 ユーロ圏ソブリン債危機のコストの一部を銀行が負担する必要がある との認識を示した。

メルケル首相はカールスルーエでの講演で、「危機を乗り越える コストを銀行も投資家も負担するということを明確にしたい。明確に しなくてはならない」と述べた。

また、ユーロ共同債は「即効薬」ではないとも語り、現状では危 機解決に役立たないと強調。「高債務国が金利低下の恩恵を受け、わ れわれの金利は上昇することになる」と説明した。

ギリシャ債の評価額引き下げについては、同国の「状況悪化につ ながることを防ぐと同時に構造改革に道を開くよう、慎重にして入念 な準備が整った段階でのみ断行されるべきだ」と述べた。