スペイン:野党国民党の支持率、与党を14ポイント上回る-世論調査

スペインで11月実施される 総選挙に関する世論調査で、野党・国民党(PP)の支持率が与党・ 社会労働党(PSOE)を14.4ポイント上回っていることが明らか になった。それぞれの党首に対しては同等の評価が下された。

オルテガ・イ・ガセット研究財団とムルシア大学のまとめによれ ば、マリアノ・ラホイ氏率いるPPが11月20日の総選挙で勝利す るとみている回答者は46.8%。アルフレド・ペレス・ルバルカバ氏 率いる社会労働党が勝利するとの見方は32.4%となった。両氏に対 する評価はともに10点中4.5点だった。

9月26日から10月4日に有権者800人を対象にした調査で、 大半の回答者は1年後の経済状況が同様か悪化すると見込んでいるこ とが分かった。誤差率はプラス・マイナス3.5ポイント。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE