イタリア経済は「深刻な緊張」下に、7-9月に成長鈍化-中銀四季報

イタリア銀行(中央銀行)は 同国経済が「特段に深刻な緊張」の下にさらされており、7-9月 (第3四半期)に成長は鈍化したとの見解を示した。

同中銀は14日公表の四季報で、「銀行システムが根本的に健全 で家計債務の水準が低く、不動産市場に著しい不均衡がない状況にも かかわらず、巨額の公的債務と世界貿易への依存、中期的な経済見通 しの弱さに伴いイタリアは危機から深刻な打撃を受けた」と分析した。

4-6月(第2四半期)に0.3%成長となった国内総生産(GD P)が第3四半期に鈍化したとも指摘した。弱い内需と輸出低迷を理 由に挙げた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jeffrey Donovan at +39-06-4520-6330 or jdonovan26@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE