グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場ではハンセン指数が7営業日ぶりに反落し、2009 年以降で最長の上昇局面が終了した。14日発表された中国消費者物 価指数(CPI)でインフレ高止まりが示され、金融政策緩和の可能 性が後退したほか、スペインや欧州の一部銀行の格下げも響いた。

中国建設省傘下の不動産会社、中国海外発展(688 HK)は

4.2%安。同業で同じく中国政府系のチャイナ・リソーシズランド (華潤置地、1109 HK)は6.3%下げた。時価総額で中国最大の銀 行、中国工商銀行(1398 HK)は4.3%安。

時価総額で英2位の銀行スタンダードチャータード銀行 (2888HK)は2.3%安。欧州債務危機に歯止めがかかるとの楽観 論があった中で、スペインなどの格下げが重しとなった。欧州を最大 市場とする衣料小売りのエスプリ・ホールディングス(330 HK)は

1.5%安。

ハンセン指数は前日比256.02ポイント(1.4%)安の

18501.79で終了。週間の上昇率は4.5%に縮小した。同指数を構 成する46銘柄のうち、38銘柄が値下がりした。ハンセン中国企業 株(H株)指数は2.2%安の9584.83。

中国人民銀行(中央銀行)がこの日遅くに発表した9月のマネ ーサプライ(通貨供給量)が前年同月比13%増と、02年以来の低 い伸びとなったことで、下げ幅を拡大した。

リンセアン・ホールディングスのマネジングディレクター、フラ ンシス・ルン氏は、「インフレが依然として高水準であることは、人 民銀がそれほど早い時期にマネーサプライを増やす可能性が低いこと を示唆している」と指摘した。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。14日発表された9月の中国消費者物価指 数(CPI)を受け、当局が引き締め策を緩めないとの観測が広がっ た。

金地集団(600383 CH)が1.2%下げるなど、不動産開発株 が安い。9月のCPIは前年同月比6.1%上昇となった。上海世茂 (600823 CH)も1.3%安。

鉄鋼メーカーの宝山鋼鉄(600019 CH)は0.9%安。海運の 中国遠洋運輸集団(601919 CH)は1.6%安。スイスの銀行UB Sが鉄鋼・海運株を避けるよう投資家に促したことが材料となった。 オートメーション機器を製造する国電南端科技(600406 CH)は

7.5%の下げ。同社の流通株が来週から増えるとの発表が嫌気された。

UBSの中国担当チーフストラテジスト、高挺氏はインタビュー で、中国株は「10-12月(第4四半期)に大きな圧力を受ける」と 予想。その理由として、インフレが高水準で政策緩和に大きな期待を 抱けないためとし、「投資家は引き続き慎重であるべきだ」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比7.42ポイント(0.3%)安の2431.37。 週間では3.1%上昇した。上海、深圳両証取のA株に連動するCS I300指数は前日比0.3%安の2653.78。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。指標のセンセックス30種指数は週間ベ ースで1カ月余りで最大の上げとなった。企業業績は世界的な景気減 速にもちこたえるとの期待から買いが優勢となった。

時価総額でインド最大の企業、リライアンス・インダストリーズ が高い。同社は15日に決算を発表する。ソフトウエア輸出で国内最 大手のタタ・コンサルタンシー・サービシズは3日続伸。

一方、不動産開発最大手のDLFは7営業日ぶりに下げた。ゴー ルドマン・サックス・グループとBNPパリバ・セキュリティーズ (アジア)による投資判断引き下げが売りを誘った。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比198.77ポ イント(1.2%)高の17082.69で終了。今週は5.2%上げ、9月 2日終了週以降で最大の上昇率となった。

リライアンス(RIL IN)は2.4%高の866.90ルピー、タ タ・コンサルタンシー(TCS IN)は3.8%上げ1134.25ルピー。 DLF(DLFU IN)の終値は2.9%安の231.60ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比38.9ポイント(0.9%)安の

4205.6。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比12.30ポイント(0.7%)高の

1835.40。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比70.25ポイント(1%)安の7358.08。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比10.20ポイント(0.4%)高の2744.17。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比2.44ポイン ト(0.2%)安の1442.43。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比18.99ポイント(2%)高の955.81。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比10.70ポイント(0.3%)安の

3664.68。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比18.92ポイント(0.5%)高の

4153.40。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE