独SAP:7-9月の利益と売上高が増加、需要拡大で-株価上昇

経営管理ソフトメーカー最大 手、ドイツのSAPは14日、7-9月(第3四半期)の利益と売上 高が増えたことを明らかにした。需要増に支えられた。フランクフル ト市場で同社株は一時3.5%高となった。

同社が電子メールで配布した発表資料によると、国際財務報告基 準(IFRS)に基づかないベースでの営業利益は前年同期比23% 増の11億3000万ユーロ(約1200億円)となった。同ベースの売 上高は12%増え34億1000万ユーロ。

SAPの共同最高経営責任者(CEO)を務めるジム・ハガマ ン・スナーベ、ジム・マクダーモット両氏は、モバイル技術の活用や リアルタイムのデータ分析の利用拡大を原動力に、年間売上高を 2015年までに200億ユーロに引き上げることを目指している。

同社株は一時、前日比1.41ユーロ高の41.96ユーロまで上昇 した。フランクフルト時間午前11時36分現在は2.8%上げている。