ユーロ圏:9月インフレ率3年ぶり高水準、燃料高で-速報と一致

ユーロ圏では9月のインフ レ率が約3年ぶりの高水準となった。エネルギーの値上がりが響 いた。域内ソブリン債危機と闘う欧州中央銀行(ECB)はジレ ンマを突きつけられた形だ。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が14日発表し た9月のユーロ圏消費者物価指数(改定値)は前年同月比3%上 昇。インフレ率は8月の2.5%を上回り、2008年10月以来の最 高に達した。先月30日公表の速報値と一致。エネルギー価格は

12.4%の上昇だった。

ECBは今月6日、政策金利を1.5%に据え置く一方、危機 対策としての市中銀行への流動性供給措置を拡大することを決 めた。コメルツ銀行は先月、ECBが2012年初めまでに2回の 利下げを余儀なくされるとの見通しを示した。

北ドイツ州立銀行(ノルトLB)のエコノミスト、イエンス・ クラマー氏(ハノーバー在勤)は「ユーロ圏のインフレ率は向こ う数カ月に低下する見込みだ」と述べ、「ECBは今年と来年は 金利を据え置き、その代わりに非伝統的措置に注力するだろう」 との見方を示した。

変動の大きいエネルギー価格などを除いた9月のコアイン フレ率は1.6%と、8月の1.2%から上昇した。ドイツの9月の インフレ率は2.9%(前月は2.5%)だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE