野田首相:定期預金200万円、住宅ローン3385万円-資産歴代最少

野田佳彦内閣の国務大臣らの資産 が14日発表され、野田首相の資産は定期預金200万円と自動車3台、 千葉県船橋市内にある自宅の土地・建物と仁実夫人の預金を合わせて も1774万円にとどまった。銀行からの借り入れも3385万円あった。 共同通信によると、野田首相の公開資産は歴代首相で最も少なかった。

首相官邸が公表した資料によると、野田氏は千葉県船橋市内の自 家用宅地と住宅のほか、日産のセドリックなど3台を保有する。河合 淳一首相秘書官は銀行からの借り入れは「全額住宅ローン」と記者説 明した。

藤村修官房長官は14日、野田首相の資産が歴代首相で最少になる がとの質問を受け、「庶民宰相誕生ということではないか」とコメント した。

これに対し、菅直人前首相の退任時の資産は定期預金396万円、 車はトヨタのプリウスなど3台に加え、東京都武蔵野市の宅地や岡山 県内の山林、原野などを所有している。鳩山由紀夫元首相は2009年12 月4日付の資産等報告書によると、東京・田園調布や長野県軽井沢町 の土地などのほか、預金10億5670万円、ブリヂストン株350万株な どを保有している。