コンテンツにスキップする

中国シナの株価、3カ月半ぶり大幅高-政府高官がミニブログ活用推奨

中国でツイッターのようなミニ ブログサービス「微博(ウェイボー)」を運営するシナ・コープ(新 浪)の株価は、13日のニューヨーク市場で3カ月半ぶりの大幅高とな った。政府高官が政府機関に対し、情報開示にミニブログを活用する よう促したことが好感された。

終値は前日比18%高の92.88ドル。6月21日以来の大幅高で、 9月19日以来の高値を付けた。

国営の新華社通信の報道によれば、中国国務院(政府)新聞弁公 室の王晨主任は13日、北京での講演で、政府機関と当局者は国民と の対話や公式情報の開示、「社会不安」への対応などにミニブログを 積極的に活用すべきだと語った。

サスケハナ・フィナンシャル・グループのアナリスト、C・ミ ン・ツァオ氏(ボストン在勤)は、「中国政府が微博の有効性を認め たことで、同ブログに対する規制リスクへの懸念が後退した」と指摘 した。

世界的な株安や米国に上場する一部中国企業の会計処理をめぐる 懸念から、シナ・コープの株価は4月20日に付けた過去最高値から 35%下落している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE