ポルトガル首相:12年に一段の予算削減へ-「国家的非常事態」に直面

ポルトガルのコエリョ首相は、「国 家的非常事態」に直面しているとして、来年の予算を一段と削減する 方針を表明した。

コエリョ首相は13日夜、テレビ局RTPが放送した演説で、「来 年の財政調整は一段と大幅にならざるを得ない」と述べ、財政目標の 達成には当初の計画以上の行動が必要だと強調した。

首相によると、金融支援プログラムの見通しと比べ、2011年の予 算超過は30億ユーロ(約3170億円)を超えているという。

コエリョ首相は12年予算案について、月給が1000ユーロ超の公 務員に対する夏季とクリスマスの給与支払いを廃止する計画も含むと 説明した。金融支援プログラムで言及された通り、税額控除は縮小さ れるほか、政府は一部の商品を対象に付加価値税(VAT)の税率を 引き上げる計画。