新型iPhone、図らずも助ける加RIM-最悪の時期にデータ障害

スマートフォン(多機能携帯 端末)製造のカナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)が、利 用者離れにますます苦しみそうだ。同社の「ブラックベリー」では過 去最悪級のサービス障害が今週、数日間にわたって発生。復旧はした ものの、米アップルが14日発売する新機種「iPhone(アイフ ォーン)4S」に消費者の目を向けさせる格好の理由を作ってしまっ た。

エビアン・セキュリティーズ(ボストン)のアナリスト、マッ ト・ソーントン氏は、サービス障害で一部のブラックベリー利用者が アップルにくら替えする可能性があると指摘。アップルがiPhon eの旧モデルの値下げを開始したのでなおさらだと説明し、「タイミ ングが全く悪い。アップルを手助けしているようなものだ」と語った。

米州にも拡大したデータ障害は、RIMにとって悪い時期に発生 した。同社は経営陣刷新を求める株主の圧力をかわす一方、アップル やグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した競合端 末に市場シェアを奪われぬようブラックベリーの新OSへの移行を試 みている最中だからだ。また、今回の障害を受けて一部の携帯サービ ス会社がブラックベリー利用者に料金返済を申し出たことから、RI Mは補償金を検討する方針だ。

米国ではアップルのほか、AT&Tとベライゾン・ワイヤレス、 スプリント・ネクステルが新型iPhoneを14日に発売。アップ ルは今週、先行予約の受け付け開始から1日で予約数が100万を突 破し、過去最高となったことを明らかにしていた。