NY銅:2.5%安の1ポンド=3.307ドル-9月末以来の大幅下落

13日のニューヨーク銅先物相場は今 月に入って最大の下落。欧州債務危機が銅の最大の消費国である中国の 経済に打撃を与えるとの懸念から売られた。

国際通貨基金(IMF)は同日の報告書で「ユーロ圏の金融上の混 乱悪化と米経済の新たな減速はアジアにマクロ経済と金融面で重大な影 響を及ぼし得る」と指摘した。中国の9月の輸出は7カ月ぶりの低い伸 びだった。

パシフィック・インベストメント・マネジメント(カリフォルニア 州)で商品約300億ドル相当の運用に携わるニック・ジョンソン氏は電 話インタビューで、「市場参加者の商品を保持しようとする意欲が低下 している」と指摘。「根本的な原因は世界の経済成長の鈍化予想だ」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限終値は前日比2.5%安の1ポンド=3.307ドル。中心限月として は9月30日以来の大幅安。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE