NY金先物:反落、株価の下落が手掛かり-ドル高で代替需要後退

ニューヨーク金先物相場は反 落。株価の下落が手掛かり。ドルが上昇したことも代替資産としての 金の需要後退につながった。

ドルは主要6通貨のバスケットに対して一時0.6%高。中国の 輸出が7カ月ぶりの低い伸びとなったことが背景。ドルは先月6%上 昇した一方、金は11%値下がりした。株式指標であるMSCIオー ルカントリー世界指数(ACWI)はこの日、一時1.1%下落した。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)の ヘッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで、「ド ルの上昇で金はさえない動きとなった」と指摘。「金は他の市場につ れて動いている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比0.8%安の1オンス=1668.50ドルで終了。先月 6日に過去最高値の1923.70ドルを付けて以降、13%下げている。