米ヤフー買収、KKRとブラックストーンも共同で参戦か-関係者

米ヤフーの買収を米KKRや ブラックストーン・グループを含むプライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資会社が検討していることが、事情に詳しい関係者によ って明らかになった。

これによると、両社はPE会社のコンソーシアムを形成して買収 資金を確保する可能性がある。この案件は予備検討の段階であり、買 収案の提示を見送る可能性もあるとして、匿名を条件に関係者が語っ た。

ヤフーは先月キャロル・バーツCEOを解任して以降、戦略的選 択肢の検討に入ったため、買収観測が高まっている。バーツ前CEO の下で同社は売り上げ減少に歯止めをかけられず、グーグルやフェー スブックとの競争でも苦戦していた。ヤフーは中国最大の電子商取引 運営会社アリババ・グループ・ホールディングの筆頭株主であり、ヤ フー買収案を提示する企業連合はアリババとの交渉が必要になる可能 性が高い。

アリババは既に、投資会社シルバー・レイクやロシアのデジタ ル・スカイ・テクノロジーズとヤフーに共同買収案を提示する可能性 を協議したことが、関係者によって明らかにされている。他に買収を 検討中と伝えられている中には米プロビデンス・エクイティ・パート ナーズやニューズ・コープの元幹部、ピーター・チャーニン氏などが 含まれる。

ヤフーは9月に従業員向けの発表で、同社アドバイザーには「複 数の当事者」から引き合いがあることを明らかにしていた。関係者に よれば、アドバイザーはシルバー・レイク率いるグループと、プロビ デンスを含む企業連合が最も有力とみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE