ユンケル議長:ギリシャ債務減免でIIFと協議、投資家負担を調整か

ユーロ圏財務相会合(ユーロ グループ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は13日、 第2次ギリシャ救済パッケージの投資家負担に関して国際金融協会 (IIF)と協議を進めていることを明らかにした。

同議長はこの日ルクセンブルクでインタビューに応じ、ギリシャ 国債保有者が21%以上の損失を被る可能性について問われると、 「現時点では何とも言えない。IIFを含めあらゆるレベルで協議を 進めている最中だ。欧州委員会やユーログループ特別会合の結果を待 つべきだ」と答えた。

ユーロ圏財務相会合の次回日程についてはまだ決まっていな いと述べた。欧州連合(EU)は23日に首脳会議を開催する。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 小林 恭子 Kyoko Kobayashi +1-212-617-5230 kkobayashi39@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Stephanie Bodoni in Luxembourg at +352-22-9999-5270 or sbodoni@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Patrick Henry at +32-2-237-4328 or phenry8@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE