米新規失業保険申請:ほぼ横ばいの40.4万件、4週平均は減少

先週の米失業保健申請件数は、 前週比でほぼ変わらず。労働市場の改善がなかなか進まない状況が映 し出された。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済 み)は、前週から1000件減少して40万4000件。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は40万5000件 だった。前週は40万5000件(速報値40万1000件)に修正された。

調査会社マリア・フィオリニ・ラミレスの米国担当チーフエコ ノミスト、ジョシュア・シャピロ氏は、「労働市場は足踏みしている 状態か、それより若干良好な状態だ」と述べ、「申請件数が40万件 付近というのは、労働市場がまだかなり低迷していることを示唆して おり、この先急展開は望めない」と続けた。

より変動の少ない4週移動平均は40万8000件と、2カ月ぶり の低水準。前週は41万5000件だった。

失業保険の継続受給者数は1日までの1週間で、前週比5万 5000人減少の367万人。これは4月中旬以来の低水準。

してご覧ください。