コンテンツにスキップする

欧州は「日本の低迷」二の舞も、資産下落へ-デンマーク最大年金基金

【記者:Peter Levring】

10月13日(ブルームバーグ):欧州は経済成長の低迷が続く中で、 資産価格が下落し、金利が低下する「日本型のシナリオ」に向かいつ つあるとデンマーク最大の年金基金ATP(運用資産7110億クロー ネ、約10兆1500億円)が警告した。

ATPのヘンリク・イエプセン最高投資責任者(CIO)はイン タビューで、「レバレッジ解消(資金回収)の動きが経済活動と資産 価格、金利を抑制しており、われわれが日本型のシナリオに向かうリ スクが高まっている」と発言。「深刻なリセッション(景気後退)と 同時に政治家が突然、債務危機の解決策を見いだす可能性も否定でき ない。しかし、最悪の事態を回避する一方、低成長シナリオの下で歩 みが滞る状態が続く可能性が最も大きいのではないか」と述べた。

イエプセンCIOによれば、ATPは今年、商品と国債、株式を 含む全ての資産クラスでリスクの高い投資を減らし、安全な資産への 投資配分の変更を行った。

イエプセン氏は「米国のリセッションも中国のハードランディン グも怖いが、欧州危機には金融システムの信頼確保や感染の波及阻止 といった別の要素が存在する。欧州こそ命運を左右する決定的に重要 な要因だ」と話している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE