仏カルフール:11年営業利益見通し、再度引き下げ-欧州の販売減少で

小売り世界2位のフランスのカル フールは2011年の利益見通しを3カ月ぶりに引き下げた。新たな予 想では、欧州部門の低迷に伴い、前年比で最大20%の減益が見込ま れている。

オロフソン最高経営責任者(CEO)は13日の発表資料で、「一 段と不確実性が増す環境に直面し、11年の営業利益の予想レンジを 15-20%減に拡大する」と説明した。同社は8月、今年の営業利益 が10年改定値から15%減少するとの見通しを示していた。

同社が発表した7-9月(第3四半期)の売上高は228億ユーロ (約2兆4200億円)。ブルームバーグがまとめたアナリスト22人の 予想平均は、229億ユーロだった。