ビーン副総裁:英中銀、再び量的緩和拡大も-英紙ガーディアン

イングランド銀行(英中央銀 行)のビーン副総裁は、同中銀の金融政策委員会(MPC)が再び量 的緩和(QE)の拡大を「決定することは十分あり得る」と述べた。 英紙ガーディアンがインタビューでの発言として報じた。

同紙によると、ビーン副総裁は「英国だけでなく世界的に経済活 動指標の顕著な鈍化」が見られると分析。ユーロ圏のソブリン債と銀 行危機に起因する不安が広がり、企業は「投資計画を延期し、消費者 は支出を控える傾向にあり、人々は警戒感を募らせている」と語った。

また、英銀はギリシャなどユーロ圏周辺国の債務に直接関連する 投融資は比較的少ないが、欧州の銀行と結び付きが強く、このような 深い関係が災いし、「金融システムの機能がまひする恐れがある」と警 告。さらに欧州の銀行の資本増強に強い支持を表明し、英国も最終的 に加わる可能性があると指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関するエディターへの問い合わせ先: John Simpson at +1-416-203-5726 or jsimpson12@bloomberg.net