豪州:9月の失業率、3月以来の低下-雇用者数は予想上回る伸び

オーストラリアの9月の失業率は 3月以降初めて前月から低下した。雇用者数はエコノミスト予想を上 回る伸びとなり、これを受けて豪国債利回りが上昇、豪ドルは対米ド ルで3週間ぶりの高値を付けた。

豪統計局が13日発表した9月の雇用統計によると、雇用者数は前 月比2万400人の増加。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト24人の予想中央値(1万人増)の2倍強の伸びだった。8月は 1万500人減に改定された。9月の失業率は5.2%と、前月の5.3%か ら低下した。

ICAPオーストラリアのシニアエコノミスト、アダム・カー氏 (シドニー在勤)は統計発表前に電子メールで配布したリポートで、 「国内需要の伸びは力強い」とした上で、「これは労働時間の増加と一 致している。積み上がった労働需要があるとみられ、これが雇用のか なりの伸びにつながるはずだ」と指摘していた。

9月はフルタイムの雇用者が前月比で1万800人増加。パートタ イム雇用者は9600人増加した。15歳を上回る人口に占める労働力人口 の割合を示す労働参加率は65.6%と、前月から変わらず。