ドイツの銀行、ギリシャ債最大60%の減免を準備-関係者

ドイツの銀行は、保有するギ リシャ国債を最大60%減免する方向で準備を進めている。事情に詳 しい関係者3人が明らかにした。欧州政策当局者はギリシャ支援策の 一環として民間部門にさらなる関与を求めている。

話し合いが非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者による と、ドイツの銀行は今週電話会議を開き、ギリシャ債を50-60%減 免する可能性を協議した。最終的な比率はまだ確定していないという。

ドイツ銀行のヨゼフ・アッカーマン最高経営責任者(CEO) は来週ブリュッセルを訪れる。ギリシャ救済で民間投資家の負担拡 大をねらう当局者との交渉に臨む見込みだ。銀行業界を代表する国 際金融協会(IIF)の会長を務めるアッカーマン氏は、7月に、 ギリシャ救済で民間投資家が21%の債務減免を受け入れる案の交渉 に携わった。また、ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のユン ケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)は、第2次ギリシャ救済 パッケージの投資家負担に関してIIFと協議を進めていることを明 らかにした。