NY銅先物:2週間ぶり高値-欧州債務危機封じ込めへの期待感で

12日のニューヨーク銅先物相場は 上昇。欧州が域内のソブリン債危機を封じ込めるとの楽観的な見方が 市場で広がる中、2週間ぶりの高値を付けた。

欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会のバローゾ委 員長が域内銀行の資本増強に向け「協調したアプローチ」を呼び掛け たのを受け、欧米の株式相場が上昇。ユーロ相場は対ドル、対円で先 月16日以来の高値を付けた。ドイツとフランスは11月の早い時期ま でに包括策をまとめると表明している。

MFグローバルのシニア商品アナリスト、エドワード・メイア氏 はリポートで、「極めて短期的には、銅相場は値上がりするだろう。株 式市場のムード改善に加え、何らかの包括パッケージを欧州が示すと いう慎重ながらも楽観的な見方が出ている」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限終値は前日比3.1%高の1ポンド=3.3935ドル。一時は

3.4115ドルと、中心限月としては先月28日以来の高値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE