NY金先物:反発、2週間ぶり高値-株式や商品の上昇が手掛かり

ニューヨーク金先物相場は反 発。一時は2週間ぶりの高値に上昇した。欧州の当局者が債務危機を 収束させるとの楽観が広がり、株式や商品が値上がりしたことが背景。

MSCIオールカントリー世界指数(ACWI)は2%高。商品 24銘柄で構成するS&PのGSCI指数は6カ月で最長の連続高と なる見通しだ。欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会のレー ン委員(経済・通貨担当)は欧州債務危機の解決に向けたコンセンサ スが形成されつつあると述べた。スロバキアでは前日、議会が欧州の 救済基金拡充案を否決したが、この日は2回目の採決に向け準備が進 められている。

ヘレウス・プレシャス・マネジメント(ニューヨーク)のトレー ダー、フレッド・シェーンスタイン氏は「リスク選好の回復がみられ る」と指摘。「欧州は解決策を見いだそうと取り組んでいる」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比1.3%高の1オンス=1682.60ドルで終了。一時 は1693.90ドルと、中心限月としては先月23日以来の高値を付け た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE