米ペンシルベニア州都のハリスバーグ市、破産法適用を申請-弁護士

米ペンシルベニア州のハリスバ ーグ市は市議会の表決を経て、連邦破産法9条に基づく保護適用を申 請した。市議会の代理人が明らかにした。同市の財政は州の管理下に 置かれる可能性がある。

ハリスバーグ市議会の代理人であるマーク・シュワルツ弁護士は、 連邦破産裁判所に11日夜にファクスで文書を提出したと述べた。ハ リスバーグにある連邦破産裁判所からは届け出について確認は得られ ていない。

州都である同市(人口4万9500人)は一般会計予算の5倍に相 当する債務を抱えている。ごみエネルギーの焼却炉を整備・拡張した ものの、十分な収入をもたらしていないことが背景にある。

市議会が賛成4、反対3で破産法の適用申請を決定した後のイン タビューで、シュワルツ氏は「これは最後の手段だった」とし、「万 策尽きた」と述べた。