米求人件数:8月は前月比5%減-4カ月ぶりマイナス

8月の米求人件数は、4カ 月ぶりに前月比で減少した。

米労働省が12日発表した8月の米求人件数は前月比15万 7000件(4.9%)減少して、305万6000件にとどまった。商業、 輸送、公益事業関連での求人減少が目立った。

正社員やパートタイム、臨時職員などを含む新規ならびに再雇 用数は401万4000人で、前月の397万6000人を上回った。

一方、8月に解雇された労働者は166万人と、前月の169万人か ら若干減少した。解雇や定年退職、自己都合による退職も含めた離職 者はほぼ変わらずの396万8000人。

8月までの1年間に雇用者数は120万人の純増。雇用された のは約4790万人に対し、離職者は4670万人だった。8月の失業 者は1400万人、求人1件当たりの競争倍率は4倍以上だった。 2007年12月時点では約2倍だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE