香港株(終了):ハンセン指数、5日続伸-中国の銀行株や金属株高い

香港株式相場は上昇。ハンセン指 数が5営業日続伸と、5月以降で最長の連続高となった。中国の銀行 株が前日に続いて買われ、金属関連銘柄も高い。

時価総額で中国2位の銀行、中国建設銀行(939 HK)は2.5%高。 最大手の中国工商銀行(1398 HK)は1.2%高。中国の政府系ファンド、 中国投資(CIC)傘下の中央匯金投資が国内4大銀行の株式購入を 開始したことで金融株は前日から買いを集めていた。

時価総額で中国最大のアルミニウムメーカー、チャルコ(中国ア ルミ、2600 HK)は8.5%高。金属相場の上昇が材料となった。銅生産 で中国最大の江西銅業(358 HK)は3.3%高。

衣料小売りのエスプリ・ホールディングス(330 HK)は7.5%安。 同社の出店数は会社側の発表より少ないとの一部雑誌の報道が嫌気さ れた。

ハンセン指数は前日比187.87ポイント(1%)高の18329.46。 5営業日続伸は5月31日以来の長期の値上がり。同指数を構成する 46銘柄のうち、値上がりは34銘柄、値下がりは10銘柄だった。ハン セン中国企業株(H株)指数は前日比2.1%高の9455.84で引けた。

アンプル・キャピタル(香港)の資産運用ディレクター、アレッ クス・ウォン氏は、ここ数週間の売られ過ぎで相場には「ある程度の 上昇余地がある」と述べた。