シュタルクECB理事:ユーロ圏の経済ガバナンス、「大幅な強化」を

欧州中央銀行(ECB)のシ ュタルク理事は12日、ユーロ圏の問題を解決するには域内の経済ガ バナンス(統治)の「大幅な強化」が必要だとの認識を示した。

同理事はラトビアの首都リガでのイベントで、「最終的な目標 は健全な政策に向けた信頼に足る奨励策を提供する制度的な取り決め」 だと述べた上で、各国は「ずっと強力な権限を持つ中央機関への主権 委譲を求められることを認識すべきだ」と説明した。

シュタルク理事によれば、欧州連合(EU)で合意された改革 パッケージは「ECBがユーロ圏のために長く提唱してきた経済ガバ ナンスの『飛躍的進歩』に至っていない」という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE