アルミ需要:5年間で最大10%増加か、アジアの需要で-米ノベリス

アルミニウム需要が向こう3- 5年間に8-10%増加するとの見通しを、アルミ製品メーカーの米ノベ リスが示した。中国を中心にアジア各国による購入が増えるほか、自動 車や缶の製造に利用される量が増加するためとしている。

コカ・コーラやフォード・モーター向けにアルミを加工するノベリ スのフィリップ・マートンズ最高経営責任者(CEO)は11日、ソウ ルでインタビューに応じ「自動車業界で需要が伸びており、家庭用電化 製品や缶の製造、輸送業、建設業でも前年比での増加が続いている」と 指摘。向こう半年間、アルミ価格は1トン当たり2300-2500ドルのレ ンジで「ほどほど」の水準が維持されそうだと述べた。

需要拡大はアルミ価格の押し上げ要因となりそうだ。世界景気の鈍 化により原材料需要が減退するとの懸念が広がる中、アルミ相場の下落 率は年初来で約9%にとどまり、ロンドン金属取引所(LME)で取引 される6種類の工業用金属のうち最小となっている。

マートンズCEOは「5年後以降はアルミの見通しは素晴らしいも のになると予想している」と述べ、ノベリスが処理能力を2014年か 15年までに33%増強する計画を維持していることを明らかにした。

マートンズCEOによると、ノベリスは、17年ごろまでにアジア が北米と欧州を抜き同社最大の市場になるとみている。いずれは中国で の操業を目指しているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE