米財務長官:欧州は銀行資本増強策以上のことをやり遂げる必要

ガイトナー米財務長官は11日、 欧州ソブリン債危機の解決に向け、欧州指導者らは銀行の資本再増 強策以上のことをやり遂げなければならないとの認識を示した。

同長官はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「現 在圧力にさらされている欧州の主要経済国が、無理のない金利で資 金を借り入れることを確実にすることが最も重要な課題だ」と指摘、 「これまで取り組んできた以上のことをする必要性を指導者らは認 識している」と語った。

同長官はパリで13、14両日開催される20カ国・地域(G20) 財務相・中央銀行総裁会議に出席する予定。欧州当局者は、債務危 機の収束を目指しサルコジ仏大統領が設定した包括策の月内策定に 向け取り組んでいる。欧州連合(EU)首脳会議は23日に開かれる。

ガイトナー長官はまた、「仏独首脳は幾つかの点で極めて前向き で、非常に勇気づけられる声明を発表した」と述べる一方、「進展を 見せているが、まだ道のりは長い」とも語った。