UAWとクライスラーが労働協約で暫定合意-雇用2100人創出

米自動車メーカー、クライ スラー・グループは、全米自動車労組(UAW)と労働協約で暫定 合意に達した。クライスラーは、2009年の破たんから年間でまだ 黒字を計上できていない。

UAWが電子メールで発表したところによると、合意には 「新車や改良車、部品を生産するために2015年までに」2100人 を新規で雇用し、45億ドルを投資する内容が含まれている。合意 内容は、クライスラーのUAW組合員2万6000人に承認を求める ことになる。

大手米自動車メーカー3社のうち、ゼネラル・モーターズ(GM) とフォード・モーターはすでにUAWとの交渉を終了しており、クラ イスラーが最後だった。

UAWのボブ・キング委員長は、「今回の暫定合意は、雇用創出に 対する意識の高まりを重視したものだ。また、米国経済の崩壊により 混乱の中に取り残されている地域社会に対して、2015年の合意内容終 了までに2100人の新規雇用を創出し、米国を再建しようというわれ われの努力を反映したものでもある」との声明を発表した。