S&P500種にTEコネクティビティを採用-セファロンと入れ替え

米スタンダード・アンド・プアーズ (S&P)は、S&P500種株価指数の構成銘柄として、電子部品メー カーのTEコネクティビティを採用し、バイオ医薬品会社のセファロン を除外する。14日の株式市場の取引終了後に実施する。

S&Pの11日の発表資料によると、今回の変更は、セファロンがイ スラエルの後発医薬品(ジェネリック)メーカー、テバ・ファーマスー ティカル・インダストリーズに買収されることが理由。

スイスを本拠地とするTEコネクティビティは、自動車や航空関連 の部品の製造を手掛ける。時価総額は133億ドル。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE