加RIMの株主ジャガー、身売りを要求-投資家の一段の支持呼びかけ

多機能携帯端末「ブラック ベリー」を製造する加リサーチ・イン・モーション(RIM)の株 主である加ジャガー・ファイナンシャルは、RIMに対して身売り や企業合併の模索、あるいは事業分離を求めているが、この動きを より多くの株主が支持すべきだと述べた。

ジャガーが11日発表した資料によると、同社の動きを支持 する株主の保有比率は8%。同社のビック・アルボイニ会長兼最高経 営責任者(CEO)はブルームバーグのインタビューで、これを 12%まで引き上げるためにほかの株主と協議を続けていると話した。 同社の保有比率や支持する株主の名前については言及を避けた。

米アップル「iPhone(アイフォーン)」や米グーグル の「アンドロイド」に押されて、ブラックベリーは市場シェアを失 っている。RIMの株価は今年に入り、50%以上値下がりし、株 主は事業戦略の立て直しを迫っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE