ユンケル議長はギリシャ債減免60%超の可能性示唆していないー報道官

ユーロ圏財務相会合(ユーログルー プ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)はオーストリアの テレビ局とのインタビューで、ギリシャの債務減免幅が60%を超える可 能性を示唆したわけではないと、同議長のシュラー報道官が述べた。

ユンケル議長は、債務減免幅が7月に合意されていた21%を超える 可能性があると発言したものだと、シュラー報道官が11日の電話で説明 した。

ユンケル議長は10日のインタビューで、投資家の損失が21%を超 え、50-60%に達することもあり得るとの観測についてコメントを求め られ「さらに大きな数字を協議している」と述べていた。それ以上は語 っていなかった。