8月の英製造業生産:前月比0.3%低下-景気回復もたつきの兆し

英国では8月の製造業生産 がエコノミスト予想以上に悪化した。景気回復がもたついている兆候 が強まった。

英政府統計局(ONS)が11日発表した8月の製造業生産指数 は前月比0.3%低下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト24人の調査中央値では0.2%低下が見込まれていた。前年 同月比では1.5%上昇。7月は前月比0.2%低下と、0.1%上昇か ら下方修正された。

インベステック・セキュリティーズのチーフエコノミスト、フィ リップ・ショー氏(ロンドン在勤)は統計発表前、「製造業にあまり 明るい兆しは見られないようだ」と述べ、「見えるのは経済成長の鈍 化だけだ」と付け加えた。

ポンドの対ドル相場は統計発表後に下げ幅を拡大。ロンドン時間 午前9時33分(日本時間午後5時33分)現在、前日比0.2%安の 1ポンド=1.5638ドルで推移している。

同時に発表された8月の英鉱工業生産指数は前月比0.2%上昇、 前年同月比では1.0%低下した。