ロンドン外為:ユーロ下落に転じる、スロバキアのEFSF採決控え

【記者:Emma Charlton】

10月11日(ブルームバーグ)ロンドン時間11日の外国為替 市場でユーロは下落に転じた。この日は救済基金である欧州金融安定 ファシリティー(EFSF)拡充案のスロバキアでの採決を控えてい る。

ユーロは前日、ドイツとフランスの首脳が銀行の資本増強計画を 準備すると約束したことを好感して1年ぶりの大幅上昇となった。E FSFの拡充案は既にユーロ圏の16カ国が承認し、スロバキアが最 後となっている。

ロンドン時間午前9時51分現在、ユーロは対ドルで0.3%安の 1ユーロ=1.3602ドル(前日は1.3642ドル)。前日は一時、9 月21日以来の高値となる1.3699ドルに達していた。

対円も0.3%下げ1ユーロ=104円30銭(前日は104円59 銭)で推移している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE