フランス一の富豪、カルフール投資は不調-株高のエルメスとは対照的

フランスの高級ブランド品メーカ ー、LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンのベルナール・アルノ ー会長にとって、スーパーマーケットは高級ハンドバック「バーキン」 のようにはいかないようだ。

フランス一の富豪でもあるアルノー会長は、バーキンを生産・販 売するエルメス・インターナショナルへの出資後、エルメスの株価が 大きく上昇しているのを目の当たりにしている。だが、仏スーパーマ ーケット、カルフールへの出資は成果が出ていない。

小売り世界2位のカルフールは、同会長とコロニー・キャピタル が2007年に約40億ユーロ(約4200億円)で9.8%の株式を取得して 以後、株価が60%余り下落した。アルノー会長は買収を通じLVMH を世界一の高級品メーカーに育て上げたが、カルフールへの投資では 株価の回復を待つか、損失を受け入れる必要がある。カルフールの仏 国内での売り上げは低迷が続いている。

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)のロン ドン在勤アナリスト、ジャスティン・スカボロー氏は、カルフールに 関しアルノー会長とコロニーの投資は「タイミングが間違っていた」 と指摘、「参入した市場は08年から大きな圧力を受け続けており、そ うした圧力の多くが消え去ることはないだろう」と述べた。

対照的にエルメスの株価は、LVMHが08年に買い入れたエクイ ティスワップを通じて出資したことを発表する前日の昨年10月22日 から33%上昇。この株価上昇でエルメスの時価総額は247億ユーロと なり、アジアでの高級品需要が伸びる中、LVMHの2010年の利益を 約10億ユーロ押し上げた。投資家はLVMHがエルメス買収に踏み切 ると観測しているが、エルメスの創業一族は身売りに反対している。

アルノー会長(62)は、どちらの投資も戦略的でそれぞれの会社 の経営権を握りたいわけではないとしている。現在カルフールの

13.83%と20.12%の議決権を持っている同会長とコロニーは、この投 資を07年3月7日に発表。LVMHのエルメス持ち分は現在21.4%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE