イタリア入札:証券95億ユーロを発行-利回り低下、目標上限に届く

イタリアは11日実施した入 札で、計95億ユーロ(約9900億円)の証券を発行した。発行規模 は目標上限に達した。欧州中央銀行(ECB)が同国債を支える中、 今回の入札では借り入れコストが低下し、応札倍率も前回を上回った。

イタリア財務省によれば、70億ユーロの1年物証券の平均落札 利回りは3.57%。9月12日の前回入札では4.153%だった。応 札倍率は1.88倍と、前回入札の1.53倍を上回った。この日に25 億ユーロ発行された74日物証券の平均落札利回りは1.735%、応 札倍率は3.05倍となった。

格付け会社フィッチ・レーティングスは7日、欧州の債務危機悪 化と景気減速でイタリアが財政目標を達成できないとの見方から、同 国の格付けを引き下げた。イタリアは1カ月足らずで3社から格下げ された。

イタリア10年債利回りは入札後、前日比1ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の5.58%となった。同年限のドイ ツ国債に対する利回り上乗せ幅は4bp拡大し353bp。