IMM通貨先物:ユーロ売り越し昨年6月来の最大更新-円買い越し増

米商品先物取引委員会(CFT C)によると、シカゴマーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場 (IMM)では、ユーロの売り越し幅が前週からやや拡大し、昨年6月 以来の最大を更新した。円の買い越し幅も拡大した。

10月4日時点のユーロ・ドル先物取引非商業部門のユーロ・ポジ ションは買い持ち1万8104枚、売り持ち10万801枚で、差し引き8 万2697枚の売り越しだった。前週9月27日時点の売り越し幅は8万 2473枚だった。

ドル・円先物取引非商業部門の円ポジションは、買い持ち6万867 枚、売り持ち1万7405枚。買い越し幅は4万3462枚と前週の4万 2322枚から拡大した。