10月10日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ユーロが大幅高、独仏が銀行支援策の策定表明

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで約1年ぶり の大幅高。独仏首脳が銀行支援策の策定を公約し、ギリシャをユー ロ圏内に維持する姿勢をあらためて示したのが背景。

ドルは主要通貨のすべてに対して下落。この日は世界的に株 価が上昇し、逃避先としてのドル需要が抑制された。ドイツのメルケ ル首相とフランスのサルコジ大統領は9日、ベルリンで、域内銀行の 資本増強計画の策定に加えて、ギリシャ債務問題に対する「永続的な」 解決策を見つけ出すと述べた。資源輸出国の通貨は、原材料価格の上 昇に伴い、値上がりした。

ドイツ銀行のG10為替ストラテジー世界責任者、アラン・ラ スキン氏(ニューヨーク在勤)は、「今は、ユーロ圏を支援するた めの広範な対策の確立に向け、共に歩んでいるという感覚がある」 と述べた。

ニューヨーク時間午後2時8分現在、ユーロは対ドルで2%上 昇して1ユーロ=1.3650ドル。一時は2.4%高と、2010年7月 以降で最大の上げを記録した。ユーロは対円では2%上げて1ユー ロ=104円66銭。円は対ドルで1ドル=76円65銭。

7月21日のユーロ圏首脳会議(サミット)で合意したギリ シャ支援を含む一連の救済策について、ドイツが修正を求めている が、欧州中央銀行(ECB)はこれに反対している。ECB当局者 が明らかにした。この報道の後もユーロは堅調に推移している。

ユーロのネットショート

商品先物取引委員会(CFTC)が発表したヘッジファンド などの大口投資家によるユーロの建て玉明細によると、4日までの 1週間で、ネットショート(売り越し)は8万2697枚と、2010 年6月以来の最高だった。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE) のドル指数は、1.5%低下して77.544。

メルケル首相は銀行が十分な資本を確保するために欧州の指導 者らは「必要なあらゆる対応策」を実行すると言明し、サルコジ大 統領は11月3日に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議まで に計画をまとめると約束した。

英ポンドは対ユーロで1.3%安。対ドルでは0.7%上昇した。 ロイズ・バンキング・グループの発表によると、英消費者の雇用展 望は9月に前月比1ポイント低下してマイナス67だった。

スイス・フランが上昇

スイス・フランは対ユーロで0.6%上昇。1ユーロ=1.2329 フランとなった。

米銀JPモルガン・チェースのプライベート・バンキング部 門によると、スイス国立銀行(SNB、中央銀行)はフランの対ユ ーロ相場の上限を現在の1ユーロ=1.20スイス・フランから

1.30フランに変更する可能性がある。

商品19銘柄で構成するロイター・ジェフリーズCRB指数 は2%上昇。資源輸出国通貨の支援材料となった。

オーストラリア・ドルは対ドルで上昇し、一時は等価を上回 り、1豪ドル=1.0015ドルと、9月22日以来の高値まで買い進 まれた。カナダ・ドルは対ドルで1.1%値上がりした。

◎米国株:8月以来の大幅高-独仏首脳の銀行支援策に期待

米株式相場は上昇。S&P500種株価指数は8月以来の大幅高と なった。欧州債務危機の沈静化に向けて、独仏首脳が域内銀行の支援 計画を策定すると表明したことが好感された。

S&P500種を構成する全10業種が上昇した。バンク・オブ・ アメリカ(BOA)とJPモルガン・チェースは大幅高。石油大手シ ェブロンとアルミ生産のアルコアも高い。建機大手キャタピラーと航 空機メーカー、ボーイングは景気敏感株の上げを先導した。一方、ス プリント・ネクステルは7.9%安。少なくともアナリスト7人が同社 の株主総会後に投資判断を引き下げた。

S&P500種株価指数は前週末比3.4%高の1194.89。過去 5営業日で8.7%上昇し、2009年3月以来の上げとなった。ダウ工 業株30種平均は330.06ドル(3%)高の11433.18ドル。小型 株で構成するラッセル2000指数は4.4%上昇した。

オークブルック・インベストメンツで約22億ドル(約1700億 円)相当の資産運用に携わるピーター・ジャンコブスキス氏は、「欧 州は非常に良い一手を打った」とし、「ギリシャのデフォルト(債務 不履行)が取り沙汰されているが、市場を駆り立てている真の要因は ギリシャがどうなるかではなく、ギリシャ債を保有する銀行に何が起 こるかだ。銀行システムが耐えられるのであれば、大問題とはならな いはずだ」と述べた。

S&P500種は先週、弱気相場入り直前で反発。欧州が債務危機 を収拾するとの楽観的な見方が広がったほか、米経済統計が改善した ことが背景にある。S&P500種は月初来5.5%上昇。商品や消費 財、資本財関連株が上げをけん引した。同指数は月間ベースで9月ま で5カ月連続で下落していた。

デクシア解体

この日はストックス欧州600指数が4営業日連続としては08 年11月以来最大の上げとなった。これにつれて米国株も上昇。ドイ ツのメルケル首相とフランスのサルコジ大統領は前日、域内銀行の資 本強化とギリシャ対応策を11月3日の20カ国・地域(G20)首脳 会議までにまとめる計画を表明した。また、ベルギー・フランス系銀 行のデクシア解体が決まり、ベルギー政府は国内の消費者向け金融部 門を買収することで合意した。

米国でアルミ生産最大手のアルコアは、11日の取引終了後に7 -9月(第3四半期)決算発表を控えている。ダウ平均銘柄中で最初 の決算発表となる。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想の集計 によれば、第3四半期の金融株を除くS&P500種の1株当たり利益 は、前年同期比14%増と09年末以来の小幅な増加予想となった。

「力強い決算期」

ラッセル・インベストメンツの主任市場ストラテジスト、スティ ーブン・ウッド氏は「決算は比較的良好な内容になるだろう」とし、 「記録的な決算が続くかといえば、恐らくノーだ。ただ力強い決算期 となるはずだ」と述べた。

景気敏感株で構成されるモルガン・スタンレー・シクリカル指数 は4%上昇。ダウ輸送株平均は3.9%高となった。KBW銀行指数は

5.3%上昇。BOAが6.4%上げて6.28ドルとなったほか、JP モルガンも5.2%高の32.30ドルで終了。シェブロンは4%高の

98.20ドル。アルコアは3.9%高の10.09ドルだった。キャタピ ラーは4.8%高の79.13ドル、ボーイングは3.6%高の64.03ド ルで引けた。

スプリントは7.9%安の2.22ドルと、過去2営業日の下落率 は26%となり、08年11月以来の大幅な下げとなった。同社は今月 7日の総会で、ワイヤレスネットワーク拡大や端末の新機種開発で支 出を増大させる計画を発表。さらに資金調達が必要となるとの見方を 示した。

◎米国債市場

米国債市場はコロンバスデーの祝日で休場。

◎NY金先物:反発、1週間ぶり大幅高-ドル安で代替需要

ニューヨーク金先物相場は1週間ぶりの大幅高。ドルが下落した ことで、代替資産としての金の魅力が高まった。この日は銀も値上が りした。

ドルは主要通貨のバスケットに対して2009年5月以来の大幅 安となる見通し。ドイツのメルケル首相とフランスのサルコジ大統領 は域内ソブリン債危機への対策をまとめることを約束した。金は先月、 月間ベースで11%下落。株式市場での損失を穴埋めするため金に利 益確定の売りが出たことが一因。

カントリー・ヘッジング(ミネソタ州セントポール)のアナリス ト、スターリング・スミス氏は電話インタビューで、「ドル安が金の 支えになっている」と指摘。「金や銀には現物需要が見られる」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比2.1%高の1オンス=1670.80ドルで終了。終値 では先月22日以来の高値となり、今月3日以来の大幅高となった。

銀先物12月限は3.2%高の31.98ドルで終了した。

◎NY原油:上昇、2週間ぶり高値-独仏が危機対策表明で

ニューヨーク原油先物相場は2週間ぶりの高値に上昇した。ドイ ツとフランスの首脳が欧州ソブリン債危機を食い止める決意を表明し たことが背景。

ドイツのメルケル首相とフランスのサルコジ大統領は前日、域内 銀行の資本増強計画を11月3日までにまとめると明らかにした。こ の発表後、ユーロはドルに対して急伸した。7日に発表された米雇用 統計では、非農業部門雇用者が予想以上の伸びとなった。

BNPパリバ・コモディティー・フューチャーズ(ニューヨーク) のブローカー、トム・ベンツ氏は「楽観的な見方が戻りつつある」と 指摘。「欧州債務に関する懸念のほか、米経済がリセッション(景気 後退)に向かいつつあるとの不安が後退しているため、原油は上昇す るだろう。こうしたニュースは需要が拡大する兆候だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物11月限は前 日比2.43ドル(2.93%)高の1バレル=85.41ドルで終了。終 値では先月21日以来の高値となった。

◎欧州株:上昇、08年11月来最大の4日続伸-独仏に期待

10日の欧州株式相場は上昇。ストックス欧州600指数は4営 業日連続としては2008年11月以来最大の上げとなった。ドイツ のメルケル首相とフランスのサルコジ大統領が向こう3週間で銀行の 資本強化策をまとめることで一致。これを好感した買いが入った。

指数上昇に最も寄与したのは英石油会社BP。同業の英プレミ ア・オイルも高い。HSBCホールディングスによる投資判断引き上 げが材料。一方、オーストリアの銀行、エルステ・グループ・バンク は大幅安。ハンガリーとルーマニア部門での評価損が響いて通期は赤 字との見通しを示したことが嫌気された。この日の午後に取引が再開 されたベルギー・フランス系金融機関のデクシアは36%下落後、

4.7%安で終了した。

ストックス欧州600指数は前週末比1.7%高の235.94。ここ 4営業日で8.5%値上がりした。この日の西欧市場では、18カ国中 15カ国で主要株価指数が上昇。英FTSE100、仏CAC40、独D AXの3指数ともに08年以来最大の4営業日続伸となった。

シュローダー・インベストメント・マネジメントのエグゼクティ ブディレクター、アンディ・ブラフ氏(ロンドン在勤)はブルームバ ーグテレビジョンのインタビューで、欧州首脳が「何らかの措置を策 定すると私は確信する」と述べ、「市場が確認したいのは、ポジショ ンを持って先に進めるのかということだ」と付け加えた。

独仏首脳

メルケル独首相とサルコジ仏大統領は9日、金融システムを巻き 込む恐れのあるユーロ圏の債務危機に歯止めをかけるため、今月末を めどに域内の銀行の資本増強のほか、ギリシャを正しい軌道に乗せ、 欧州の経済ガバナンス(統治)を是正するという問題への対応策を策 定する考えを明らかにした。

ストックス欧州600は先週、2.6%上昇。イングランド銀行 (英中央銀行)による資産買い取りプログラムの拡大やメルケル独首 相が銀行の資本増強策で話し合う準備があると言明したことが背景。 ただ、今年2月17日に付けた年初来高値は19%下回っており、指 数構成銘柄の株価収益率(PER、予想収益ベース)は9.9倍と、 2009年3月以来の低水準に近い。ブルームバーグのデータが示した。

BPは2.9%高の405.15ペンスで終了。プレミア・オイルは

3.3%上昇して372.4ペンス。エルステ・グループは9.2%下落 の18.80ユーロ。デクシアの終値は0.805ユーロ。同社は解体さ れ、ベルギー政府が国内部門を40億ユーロ(約4200億円)で買 収するほか、不良資産を引き受けるバッドバンクに60%の保証も提 供する。週末の会合を経てレインデルス財務相がこの日、記者会見で 明らかにした。

◎欧州債:ドイツ債下落、銀行支援計画で売り-ギリシャ債安い

10日の欧州債市場ではドイツ10年債相場が下落し、利回り は5週間余りの最高となった。ドイツのメルケル首相とフランスのサ ルコジ大統領が9日に銀行の資本を強化し、ギリシャの債務危機の 波及食い止めを図る策をまとめると表明したことが手掛かりとなった。

ベルギーとフランスの国債も下落。両国政府は危機に陥った金融 機関デクシアを支援することを決定したことが背景にある。ギリシャ とポルトガルの国債も軟調。救済策の一環として、ギリシャ国債保有 者の損失負担が増えるとの観測が広がった。

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは7日、ベ ルギーの格付けを引き下げ方向での検討対象にした。フィッチ・レー ティングスは同日、イタリアとスペインの格付けを引き下げた。

INGグループの先進国市場債部門の戦略責任者、パドライク・ ガービー氏(アムステルダム在勤)はこの日に電子メールで配信した リポートで「ドイツ国債は債務危機解決策から影響を受けやすい」と 述べ、「デクシア支援でベルギー国債は圧力にさらされおり、フラン スにとっても好材料」ではないと指摘した。

ロンドン時間午後4時42分現在、独10年債利回りは前週末比 8ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.09%と、 先月2日以来の高水準を付けた。同国債(表面利率2.25%、2021 年9月償還)価格は0.770下げ101.435。独2年債利回りは5b p上げ0.65%。

デクシア支援策

ベルギー10年債利回りは前週末比8bp上昇し4.07%。仏 10年債の利回りは10bp上げ2.86%。ベルギー政府はデクシア の国内部門を40億ユーロ(約4200億円)で買収することで合意。 一部の不良債権も保証する。

ギリシャ10年債利回りは38bp上昇の23.91%。2年債利回 りは一時、629bp上昇し73.51%と、先月14日以降で最大の上 げとなった。ドイツのDPA通信は、金融業界関係者と交渉に詳しい 関係者の話を引用し、ユーロ圏の財務相らは最大60%のギリシャ国 債のヘアカット(債務減免)を協議していると報じた。

◎英国債:下落、10年債利回り2.58%-2年債利回り0.65%

10日の英国債相場は下落。10年債利回りは前週末比11ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.58%。

2年債利回りは3bp上げ0.65%となった。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 小林 恭子 Kyoko Kobayashi +1-212-617-5230 kkobayashi39@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor:Mariko Rakuyama, Mika Otsuka 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE